みなし残業制度を導入する企業に転職する際の注意点

「みなし残業制度」

聞いたことはあるけど制度の仕組みはよくわからない。
そんな方も多いのではないでしょうか。

みなし残業制度とは給与に見なしの残業代を前もって上乗せする制度。
なので、本来受け取るべき基本給とみなし残業代が毎月に給与として支給されます。

みなし残業の残業時間は企業によって異なります。
30時間の会社もあれば40時間の会社もあり就業規則等に残業時間は記されています。

そしてこれらの残業時間を超える残業が発生した場合は正規の残業代を払う義務が会社にはあります。
しかし、なかには残業代を払わないブラック企業も存在します。

ただそれ以上に悪質なのが支給する給与の表記方法・見せ方。
本来なら、みなし残業として何時間、残業代を明確に求人票や就業規則等に記載する必要があります。

がこれらの明示を避ける企業もあります。
みなし残業制度を導入する企業に転職する際には求人票には細部にまで注意してみる必要があります。

関連記事:【ブラック確定】みなし残業なのに残業しないで早く帰るのはおかしいこと?