乳幼児の語学の吸収力は底なしで、どんどん吸収していく

私は現在インターナショナルスクールで働いており、幼児の早期英語学習を身近でみています。

乳幼児の語学の吸収力は底なしで、本当にスポンジのようにどんどん吸収していきます。

また、たとえ小学生になり、公立の小学校に進学して英語に普段触れることがなくなっても、片隅では覚えているので、小学校高学年や中学生になり本格的に英語の授業が始まった際に、抵抗なく始められると卒園生からも聞いたことがあります。

今後英語は全世界で必須と言われている世の中で、今の日本の英語教育(座学の多い授業)は、実践性はほとんどないと言っても過言ではありません。

それを打破するために、幼児から早期英語学習を楽しい環境下で始めることは大切だと思います。
メリット:幼児の早期英語学習のメリットは、上記でも説明したとおり、その後の人生に大きく影響を及ぼすことだと思います。日本語しか知らない人と、他言語も話すことができる人だと、関わることのできる人の幅が全く違います。視野が広がり、将来の話でいうと仕事の選択にも関わってくると思います。子どもの様々な物事に対する選択肢を増やしてあげるという意味でも幼児の早期英語学習はメリットが多いと言えると思います。

デメリット:反対にデメリットについてですが、子どもによって発語が遅くなってしまうことがあります。それは、2言語を同時に学ぶ上で頭の中で整理することに時間がかかり、発語が遅れるという傾向にある子どもがいるからです。そのため、例えばインターナショナルスクールに通っている子どもで言えば、家庭ではしっかりと母国語(日本語)で関わり、スクールでは英語で関わるというメリハリが必要だと感じています。
セブンプラスバイリンガル 返金