勝手口の勝手は台所の事だが、その由来は

なぜ昆布は頭にできるのか。
頭やおでこを固いものにぶつけると皮膚は破けない場合でも皮膚の下に傷ができます。
その傷で皮下で血液があふれ出たりまたその傷を治そうと血液が結晶が集まってきます。
それが盛り上がったものが昆布です。
お尻やお腹を強く打っても昆布はできませんこういう脂肪や筋肉でできた比較的やわらかい場所は皮下で血管が破れ血液が溢れ出たとしても青いあざを作るに止まります。
しかし頭やおでこなどは引かのすぐ下に硬い骨があるため滲み出た血液は血漿の行き場がなく骨と皮膚の間に溜まりそれが膨らんでコブを作るのだそうです。
ところでダイアンプール 真珠というのはかなり興味深くて、なぜ台所の事を買ってと呼ぶのか。
台所を買ってと呼ぶのには意外なことに弓道が関係しています。
弓道では弓を支える左手を押してとより自由に動かせる右手のことかってと呼びます。
この呼び名にちなんで女性が自由に使える台所の事を買ってと呼ぶようになったのだとか。
現代の女性は台所だけでなく寝室もリビングも自由に使えますが昔は女性の思い通りになる場所といえば一切を任されている台所ぐらいしかなかったのです。
日付変更線は直線ではない。
地球の日付変更線は日本とハワイの間東経180°の子午線に沿って南極と北極を結ぶ線にあります。
この日付変更線のお陰で夜に成田を発っても同じ日の朝にハワイに到着出来るわけなのですがこの日付変更線が決められたのは1884年にアメリカで開かれた国際子午線 手のことこの時 OK 整形の定義を定めると同時に日付変更線も決められました。
この日付変更線正確には南極と北極を結んだ直線ではなくこの直線上にある島やり口を迂回して引かれています。
これは変更線をまたいで家が隣あっているような場合こっちは今日で隣の家は明日なんてことにならないための配慮なのだそうです。