国民年金を増やすには?

国の年金制度である国民年金。
働かなくても、お金が入ってくるため、ひと昔では安定した老後を過ごす重要な制度でした。
若い人たちが、老人たちを支えるから成り立つ制度でした。
しかし、若い人が少なく、老人が多い今の社会では、非常に苦しい制度です。
正社員であれば、ボーナスもあり、厚生年金にも加入することができ、ある程度資産形成できますが、そうでない場合、かなり厳しい現実がまっています。
最近、感じるのは、ネット環境の発達により、自宅でネットを使って仕事を請け負うふりーらんんすの人たちの存在です。
一見、働きやすいように見えますが、将来の事を考えるとかなり不安定と言わざるを得ません。
健康をこじらせた場合、収入がなくなります。
年金も自分で防衛しなければなりません。
今の社会、いくら嫌な仕事でも、大企業に所属したほうが、安心感を得られます。
毎年の健康診断
ボーナス、各種手当、厚生年金加入など、かなりメリットが多いです。
フリーランスは自由ですが、ある意味何も保証はないし、自分で自分の身は守るしかありません。
健康にも気を配る必要があるでしょう。
自宅で仕事といって、全く家からでないと運動不足、またついついお菓子を食べてしまうなど、自分の体の管理も重要になってきます。
フリーランスになるなら、月に相当稼げる目安がないと厳しいと言えます。
また、それなりに自動でお金が入ってくる仕組み、不動産収入や、株を持ち、確保することが重要です。
次のサイトも参考にしてください。
就職氷河期世代の恨み節