小学校のPTA役員で広報部の担当をしています。

“この4月から私はPTA役員をしています。
私の子どもが通う小学校は1学年ごとに数名役員を出し、そこからPTAの各部署に入るというシステムです。
さまざまな部署の中、一番不人気は広報部です。
これは広報部は少なくとも週に1回は学校を訪問して広報に掲載する内容について取材したり話し合ったりしなければいけないからです。
かつては広報部は仕事を持っている人は難しいと言われ、広報部になったことが理由で仕事を辞めた人もいるそうです。
私も本来であれば別の部署に行きたかったのですが、他の部署にはそれぞれ噂で性格がよくないと言われていたり、何かとトラブルを起こしているママさんがいたので、そこに入ってトラブルが起きるのは嫌だと思い、やむなく広報部にしました。
話の通り、このコロナ禍でも週に1回は学校を訪問して次号に掲載する写真を撮影したり、あるいは記事を書くなどの仕事をしています。
ただし現在の広報部は他の部署に入れず遠慮して出てきたり、最初からトラブルを避けたいと思って広報部にした人もいることからママさん全員が穏やかで平和です。
人気はないかもしれませんが、どちらかというと遠慮がちで懐が広めの人が集まりやすいようなので、かえって広報部はいいのかもしれないと思っています。”