本当の育毛って何だろう?

市販の育毛剤って誰が考え出したのでしょう。育毛に興味があるので気になる育毛剤は使ってみましたが全く効果を感じません。どれかひとつくらいあたりがあるはずだと思ってあれもこれも使ってみて思ったのは、「育毛剤にあたりはないんじゃないか」ということ。これについては全ての人ではなくあくまでも「わたしにとって」です。わたしにとって育毛剤は効果が無いのかな?ということ。ひとりひとり体質が違うのだから効果が出る出ないも違って当然ですね?同じ育毛剤を使っても効果が現れる人と現れない人が居るわけです。わたしは完全に後者。育毛剤の使い方も使うタイミングも間違っていないけれど効果が見えなかったなら、それは育毛剤とわたしの相性が悪かったと言うことです。女性用の育毛剤としては、ミホレ等があります。

でも、それはそれでいいのです。育毛剤に文句を言っても何も変わりません。わたしは髪が細いので少しでも丈夫な髪に変えたくて育毛剤を試していました。髪が細く、美容院でイメチェンしたくてもパーマを断わられ、カラーリングも頻繁には出来ず、「ブリーチなんてやった日には髪が解けちゃいます!!」とショッキングなことを言われ・・・。もちろんブリーチは出来ないから好きな髪色にもチャレンジできないわけです。パーマでボリュームを出そうにも猫っ毛だからパーマの持ちが極端に悪い。すぐパーマが取れてしまうからお金も持ったないし、なんと言っても髪が傷んで次にやりたいことが出来ない。やりたい施術が出来るまである程度髪を休める時間が必要で、わたしの場合はその期間が長いこと長いこと・・・。髪が弱かったり細かったりすると髪のオシャレも自由に出来ず悲しくなります。

そんなことから育毛剤を使って髪を少しでもパワーアップさせようと頑張ってきました。今はカラダを温めたりストレスを溜めないような生活を意識してます。こちらの方法というか生き方のほうが髪のコンディションが良いような気がしますよ。はっきりとしたことは言えませんが、育毛法というよりはカラダを元気にする方法という意識で生活することが髪のパワーアップになるような気がしています。勘違いでも気の持ちようでも何でもいけど、こういうことは信じて少し続けてみれば良いと思っています。幸いにもカラダを元気にするこの生活に変えてから風邪を引かなくなりました。風邪を引きやすいわたしがウソのように毎日元気に過ごしてます。髪の変化を感じられる日がくることを願ってます。