検討価値ありありのすスタディサプリ小学講座

子供が学校に出す宿題と習い事の課題を分けていたら、ランドセルからダンゴムシが出てきました。ランドセルでダンゴムシを発見したのは、子供も初めてですが私自身も初めて。幸い誰もダンゴムシが嫌いではなかったので、修羅場にはなりませんでしたが、どうやってランドセルに入ってきたのかは未だに謎です。
うちは夫婦で子供の勉強には無頓着な方でした。ただ子供が小学校4年生になってからは、授業で先生が言っていることがわからないと何度か伝えてきました。
今年度はコロナの影響もあって、授業参観や面談などがなく先生とはノートを通してのコミュニケーションが多かったのですが、先生から学習の遅れのようなことを伝えられたことはありませんでした。
現にテストの回答などをみても、間違っているところは「うっかりミス」によるものだということがわかるものがほとんど。問題さえよく読んでいれば、きっと間違えることはないだろうと思えるような間違いばかりだったのです。
あえて間違いを指摘するなら、問題をよく読まないことによる「解釈」の間違いがあるのが娘の特徴。学習の理解自体はそれなりにできているのではないかと感じていました。
ただ本人が言う以上、親として何か手を打たなきゃ行けないと思いい、はじめは学習塾を検討していました。4年生で塾はちょっと早いかと思っていましたが、今の時代は私自身の頃よりも時間の流れるスピードが速いと思っているところもあるので近所をいろいろと探しました。
ただ大手でもない個人がやっているような学習塾であっても、月謝が1万円を下るようなところがなく、大手だと2万円くらいはするのだと知ったとたん気持ちを切り替えました。塾じゃなくても通信教材でもいいのではないかと。
そこでいろいろと通信教材を探してみると、スタディサプリが有名で安くて信用できそうな印象を受けました。口コミやレビュー記事を見ても、塾よりも圧倒的に安くてタブレットを買わなくてもいいので初期費用もかからないことがわかりました。
参考サイト→スタディサプリ小学講座の口コミ|1コマ15分の神授業を徹底調査
先生たちも選りすぐりの精鋭といった感じで、サンプル動画で見た授業もわかりやすくて、熱心な話しっぷりに感銘を受けた先生もいました。
スタディサプリはコスパ的にも検討の余地がある通信教材ですね。娘に嵌まれば、先々通塾する必要もなくなるので、経済的も助かります。タブレットやPCで学習できるので、送り迎えまで必要までなくなるのはいいですね。