歯のホワイトニング

歯のホワイトニングの方法には、歯科医に行ってホワイトニングして貰うほかに自分で歯にマニキュアをするものがあります。お肌を白く保つように専門のクリニックにいかなくても歯を白くすることができます。
歯は磨いても白くならない変色した歯というものがあります。それには神経を抜いて黒く変色した歯や、抗生物質などの服用で変色した歯、生まれつき象牙質の色が濃い色の歯、色がまだらになっている歯などがあります。歯の色は象牙質の色がエナメル質を通して黄色味がかって見えてきます。だから象牙質そのものが変色しているといくら磨いても白くなりません。
$M 歯の色は飲食物によっても着色されますが、食べ物の色素が歯に付着しても歯磨きでは落ちません。喫煙などでも色素が蓄積されたり、加齢によっても落ちない汚れとなって磨いたくらいでは落ちません。
しかし、歯のマニキュアで白くなることは可能です。塗るだけですぐに歯が白くなり周りの人に健康で白い歯を演出することができます。歯に白さがでてきて自分の笑顔や表情に自信がもてるようになります。
さらに虫歯から守ってくれる効果もありますので安心です。
マニキュアは短期間の使用ができるものと3ヶ月間くらい使用ができるもの、あるいはパーマネントマニキュアといって2年から5年間使用が出来るものなどがあります。また自然な感じにマニキュアできるもの白く出来るもの、さらに白く出来るものなどがあって選ぶことができ、自分でマニキュアすることができるほかに、歯のホワイトニングサロンなどでマニキュアしてもらうことができます。