消費者金融や民間企業など銀行以外からお金を借りる

企業の資金調達の方法は、おもに「出資」「融資」「助成金・補助金」があります。それぞれの特徴と、メリット・デメリットについてまとめました。出資は、利息・担保・返済すべて不要という魅力的な資金調達方法ですが、反面、事業内容を理解し、賛同してくれる出資者との出会いがなければ実現しないという難しさもあります。

助成金・補助金には、返済の必要がないという大きなメリットがあります。反面、審査に通るのは難しく、審査通過後も定期報告が義務づけられる場合などもあり、労力がかかります。助成金や補助金の受給を目指すためには、まず、どのような制度があるのかを知っておかなければなりません。

銀行や政府系金融機関からお金を借りるには、高い審査基準をクリアしなければならないこと、申し込みまでに必要種類を準備する手間がかかることを認識しておくべきです。どちらも返済不要の資金を調達する方法ですが、中小企業によって利用しにくい方法もあるのでどのような内容か確認しておきましょう。

ベンチャーキャピタルの多くは銀行・証券会社・保険会社など金融機関の関連会社や、商社や通信企業などの関連会社が運営していますが、独立系ベンチャーキャピタルもあります。

日本政策金融公庫には銀行機能がなく、銀行口座を作ることはできません。融資を受けた場合、毎月の返済は借りた側が所有する民間の銀行口座から引き落とされます。返済期間は長期で組みやすく、また、保証協会付融資のように保証料はかかりません。

ファクタリングとは、売掛債権を現金化することです。例えば、商品を500万円で販売したケースを考えてみましょう。代金は翌月末に振り込まれる予定ですが、どうしても明日までにお金が必要だとします。

融資以外の資金調達方法