親が押し付けるような英語教育には反対。

押し付けになる早期教育は反対なので、賛成と言いきれはしませんが、聞き取る耳を養ってあげられるのは3歳までが大切とよく聞くので、楽しんでやれる範囲の早期教育はいいのではないかと思います。大人になってから改めて発音の仕方を直したり、聞き取りをやり直すのは本当に大変なので、小さいうちにまずは英語を身近に感じてもらい、英語を好きになってもらえれば英語力は伸びていくのではと思います。
しかし、早期教育は語弊はありますが、もともと親のエゴでもあると思うので、あまりに熱が入って子どもに押し付けるようになるとそれはエゴ以外のなにものでもなくなってしまうので、あくまでも子どもが楽しんでやれる範囲での早期教育に賛成です。
メリットはなによりも聞き取るための耳を養えることです。私の子どもも1歳ですが、ほぼ毎日できるかぎり最低2時間は一緒に英語の歌や幼児向けの動画を見ています。今では特定の歌がすきになり、口ずさむようにもなりました。絵本も日本語の絵本は図書館で、自分で買うものは英語が多めです。お気に入りの日本語の絵本もありますが、初めてすきになった絵本は英語の絵本でした。
デメリットは日本語は普段の日常生活のなかで耳にするため、あまり日本語に力をいれていないので、言葉が遅くなるのではないかと思っています。私も主人も赤ちゃん言葉を使っていないので、出てきやすい言葉があまり身近にないこともよけいに遅くしているかもしれません。現に言葉はまだ出てきません。検診などで指摘されるのではと思うこともあります。
また、聞き取りや会話、読み書きとあれもこれもと手を出しているうちに親自身も疲れてくると思います。実際私も熱が入り、英語で話しかけなきゃとかいろいろとやりましたが、自分が疲れてきてしまいこれは子どもにとっても押し付けになってしまうなと思い、今では本当に簡単な挨拶、絵本を読む、一緒に歌うなど私自身もできる範囲でやるようになりました。
セブンプラスバイリンガル 何歳から