銀河系の法則とは

その年の姿は幾何学的で変えがたい美しさをたたえておりその年そのものが生命の複合体であると言うジェル状の層に生きる多くの生命がこの年に帰省しておりその関係は盛りに告示するという。
この星に生きる多くの生命は自ら発光する力を備えており都市はこれらの光が無数に集まり複雑かつ幾何学的な模様を映し出しているようだ。
銀河系の中心近くに存在するある惑星は恒星のごとく赤く輝く大きな質量を持ったガス惑星であるこの星にいきる知的生命体は止むことのない恐怖の中で生きている彼らは展開した箱のような姿をしており自らの体を必要に応じて組み立て家政を利用し移動し獲物を捕らえると言う。
彼らはこの体を他者と接合させ瞬時に巨大で複雑な多面体に変形するというその姿は先ほどのジェル状の物質の中にいきる知的生命体の年と同様に幾何学的で美しく民族や種族性別や世代さらには思想や美意識によってその姿は大きく異なるという