Duel法律事務所はどのように対策をしてくれるのか?

Duelパートナー法律事務所では代表弁護士として大野弘明さんという方となっています(第一東京弁護士会所属 登録番号32158)。法人をメインに対応されているようですが、個人においても債務整理を含めた相続やトラブルの法律問題に対応されているようです。

Duelパートナー法律事務所に債務整理を相談する際に必要となる費用・料金について解説しておきます。債権者が増えることで料金も少し変わってきますので、詳細は無料相談を行う際に聞いてみるのが良いでしょう。また、支払いは分割対応しています。Duelパートナー法律事務所 口コミ

東京弁護士会人権擁護委員会(昭和62年~現在。副委員長一度)、消費者問題特別委員会(2期)関弁連人権擁護委員会(1期)等。中小企業及び個人の民事・商事・刑事事件を広く扱いますが、特に消費者被害事件、労働問題、交通事故、借地借家、親族・相続、外国人(入管を含む)等を得意としています。中小企業の事業承継問題にも対応するほか、一般社団法人・信託を活用した節税対策・相続対策もご紹介します。

東大銀杏会、東大法曹会、開成法曹会、東京JC・OB会、東京イーストライオンズクラブ(理事)等。法廷で複雑な手続きを踏まなければならない場合はその分費用もかさみますが、事前の相談などではそれほど費用も高額にはなりません。

ご相談時期が早ければ早い程、打てる手も多く、費用や時間も少なくて済み、より良い結果も導くことができますので、なるべく早くご相談下さい。闇金であることを認識したまま利用している方も、知らずに迷い込んでしまった方も、そこが「正しい消費者金融ではない」ことは十分にわかっているはずです。